スポンサードサーチ

解説

華々しいファッションモデル業界に渦巻く欲望を描いたデンマーク製サスペンスドラマ。ファッションモデルになる夢を叶えるため故郷デンマークからフランスにやって来たエマは、撮影現場で新進気鋭の写真家シェーンと出会う。シェーンは撮影中のエマのぎこちない態度に苛立って彼女を追い出してしまうが、その後ふたりは偶然にもクラブで再会し、惹かれ合うように。エマはシェーンの専属モデルとなり、急激にスターダムを駆け上がっていく。シェーン役に「トランスポーター イグニション」「デッドプール」のエド・スクレイン。映画.com(外部リンク)

原題 The Model
製作年 2016年
製作国 デンマーク
上映時間 108分

ネタバレ

田舎からパリに来たばかりの新人モデルエマ。
エマは彼に気に入られれば安泰だという有名なカメラマンであるシェーンにあれじゃゾンビだと言われ、帰らされてしまう。
ルームメイトであるゾフィアとの仲もいまひとつ。

エージェンシーであるマルセルにこの仕事は向いていないかもと言われ、
国に帰りたいなら僕は止めない。1〜2年経ってからまた…
と言われエマは私に国へ帰れと?!と言うと

君は大失敗した

と言われる。

エマはゾフィアに誘われ夜の街に繰り出すのだが…
あの有名カメラマン、シェーンに会う。


エマはずーっとシェーンを見続けダンスに誘い
いい感じだったんだがエマは突き放す。


翌日、国へ帰った方が良いと言われたエージェンシー(マルセル)から連絡があり
何をしたんだ?あの初仕事のカメラマンを覚えているか?あの有名な雑誌の撮影のモデルを君にしてほしいと。

エマはカメラマンであるシェーンにfuck youと暴言を吐くが、シェーンはこれが俺の求める女ryとニヤリ。
シェーンはすっかりエマのあの目、危うさに魅了されてしまったんだな。
エマが笑う時に手を当てるクセもやめろと言う。
シェーンはエマを自分好みの?より良い女にさせるために軽く指導をする。

エマの夢はパリのファッションウィーク シャネルに出るのが夢。

故郷にいる彼がそっちへ遊びに行くよ言うても断り、シェーンと関係を持ち恋仲に。

そんな中、黙ってエマのところに会いに来た彼氏。
彼氏がやたら若い気がするんだが…15歳から16歳に見える。
エマの態度があからさま過ぎて可哀想。

そしてパーティーで出会ったシェーンにデンマークの友達やと紹介する。。
彼氏のフレデリックの目の前にキスしてしまうしほんまに可哀想。

シェーンを彼氏やとフレデリックに言ってしまうし。


そして怒って出て行った彼氏から5000クローネ返せ!と置き手紙が枕元に。



シェーンとエマはパーティーに出向くがシェーンは元カノとイチャイチャ。
つまらなそうなエマに話しかけた男性はシャネルの重役。

エマはこの人に乗り換えるのかな?

エマをプールに誘い、やってきたシャネルの重役、素っ裸で来て笑ってしまった。

そしてシェーンは部屋に戻らない。
階段で遭遇したシェーンはエマに悪いことをした。俺はバカだと。
帰らなかった理由を男友達とーなんやらー言うてた彼にエマは嘘な言い訳ばかり言ってると言ったんだが、エマの様子がおかしい。。

エマはやはりアホなのか重役とヤッたことを言ってしまい、みんな朝食をとってるのにシェーンは重役を殴る殴る。
そしてエマを置いて帰っちゃった。
大口契約もパーに。

エージェンシーであるマルセルが一番まともだ。
エマに対していい助言をしてくれる。

ファッション業界のことをあまり悪く言いたくはないが、タフになれと。君を利用する為に誘惑してくるやつもいるってな。嫌な気分で有名な雑誌を飾っても意味がないって。

エマはショーンが撮影してるところへわざわざ行き、仕事の邪魔をしてグダグダ話すわ。。

そしてショーンをまた呼び出して妊娠したと。
シェーンが良い場所を紹介する。処理しようって…

産みたそうな態度をとるエマにシェーンは18歳で1人で育てられないだろうって言うセリフにエマから衝撃の事実。


実は16歳


彼氏が若すぎると思ったらやはり。あかん…シェーンは絶対に俺の名前を出すな堕ろせといい、すまないと言いながらハグ。
エマは手術するわといい部屋に入れてって気分が悪いからと言って入る。

シェーンとは結局ヨリを戻して一緒に仕事。
ゾフィアには妊娠はしてなかったけどよりを戻したかったから嘘をついてと打ち明けるが

シェーンに嘘があっけなくバレる…

デンマークに帰って頭を冷やせと追い出されるエマ。

情緒不安定になり撮影にも集中しないエマ…
モデル仲間にジェーンホワイトはあなたの彼氏?そうよ。
モデルのゾフィアはあなたの友達?と聞かれルームメイトよ、と。

モデル名前は実は変な話を聞いたの、と。
噂では2人は付き合っていると。


それを聞いて発狂、撮影も終わっていないのに飛び出すエマ。
そしてゾフィアの部屋を荒らす…彼と寝てるのねといい2人は取っ組み合いの喧嘩。
大家さんが喧嘩を止めるがどうかしてるわ。



次はシェーンの子供に手をつけるの?!
一体何考えてんだエマ…ゾフィアとパパはヤッてるの?とか聞いてる。。

そして大家さんと一緒にお酒を飲んでいるんだけど、シャワーを覗いていたでしょ、私可愛い?って聞く。
大家さんを誘惑するそぶりをして…エマがどんどんおかしくなっていく。大家さんに犯されても仕方あるまい。

情緒不安定なエマは大家さんを刺して逃げてしまうが警察に人を刺してしまったのと血だらけの手を見せパトカーに乗る。。

結局デンマークに帰ってきたエマ。
そこに元彼が会いに来てゴメンよって謝る。辛かっただろうって。

マルセルから連絡があり大家は退院し、警察に起訴されたこととシャネルから指名が入ったと連絡が。
君を元気づけたかったと言うマルセルに対して固まるエマ。

マルセルが、エマ?聞いてるか?エマ?


そしてエンドロールが流れて終わり。

スポンサードサーチ

感想

え???これで終わり?危険なサスペンスどころから全くサスペンスでないし、田舎から出てきた小娘がこうなるのも分からなくもないがちょっと…うーん自業自得よね。ただメンヘラ女には気をつけような周りのみんな!というクソ映画だった。108分かけた意味。。もちろん評価は星1つ。

ただ、エマが他のお偉いさん方と食事をしているとき、自分のコンプレックスについて話したくだりはよかった。ヴォーグの表紙にすきっ歯モデルが起用されていることにもういらん的なことを言っていたおっさん。

他の人は、よく考えてみろと。あなたが田舎に住んでいる女の子でコンプレックスを抱えているとする。
そこでヴォーグなどの有名雑誌に同じコンプレックスを抱えたモデルが表紙を飾っていたら?

—コンプレックスは個性。自分の武器になるんだということ。

唯一この映画で好きなシーンだった。

評価

★☆☆☆☆

スポンサードサーチ

視聴

<U-NEXT>

モデル 欲望のランウェイ